面接を成功させるコツ!

薬剤師転職 → 薬剤師転職-面接での重要ポイント

薬剤師転職-面接での重要ポイント

面接の際に大切なことは何だと思いますか?勿論、転職するにはスキルなど経験値も重要視されますが、他に重要視されることがあります。それは、コミュニケーション能力です。確かに、薬剤師の資格を持っていると転職に有利であることは間違いありませんが、6年制の新卒薬剤師が出てきたこと、登録販売士制度がスタートされたこともあり、いつまでも薬剤師の売り手市場が続くとは到底考えられません。
薬剤師の転職先の利点と欠点

そうなると、年収アップも難しくなり、人気のエリアに求人殺到という現象がおこり、これまでの転職活動が一変してくる可能性も否めません。将来、転職を考えているならば、必要とされる薬剤師になるという意識改革が必要です。では、企業が必要とする薬剤師とはどういったものでしょうか?

近頃、不採用の薬剤師に多い傾向として、前述したコミュニケーション能力不足が目立ちます。例えば、挨拶がなっていない、転職の動機が不十分、将来の目標を上手く伝えることができない、患者さんへの伝達能力不足がみられるなどです。いわゆる、コミュニケーション能力が不足しているとみられ、不採用になるケースが多くなってきています。

調剤業務もオートメーション化が加速し、薬剤師の削減を視野にいれている経営者も少なくありません。経営者側としては、極端にいえば、患者さんと上手くコミュニケーションをとれる薬剤師が2名いれば十分なのです。ですから、経験値も大切ですが、コミュニケーション能力を磨く事も重要事項です。

そして、面接では必ず「転職理由」を質問されます。その回答に、職場の人間関係や待遇に対する不満を述べていては、心証はいいものではありません。職場の問題は、どこに勤めても多かれ少なかれあるものです。例え、それが本当の転職理由だとしても、別の理由に置き換えるべきです。

ネガティブな転職理由よりも、これから先の自分の成長に対するポジティブな意見をもって転職理由とすると、採用側の心証は間違いなく良くなります。

このような面接での重要なポイントや対策を模擬面接を行いアドバイスしてくれるのが、薬剤師専門の転職サイトです。一発で面接を決めるためにも、利用価値のあるサイトだと思いますよ。

私の転職-MR職から調剤薬局へ

私は、大学を卒業して、製薬会社のMR職に従事していました。仕事はやりがいのあるもので、忙しかったですが充実した毎日でした。結婚してからも、しばらくは共働きでMR職を続けていたのですが、子供ができてからは続けるのが困難になり、やむをえず退職することになりました。

しかし、薬剤師の資格は活かしたいと常々思っていたので、子育てが落ち着いたら通勤が近い調剤薬局あたりで仕事をできないかな‥と考えていました。

ただ、大卒ですぐにMR職に就いた私には、調剤経験がありません。薬剤師の資格があれば、未経験でも雇ってくれるところはあるとは聞いていても、年齢も30才半ばの私を未経験で雇用してくれる職場がみつかるのか不安でした。

とりあえず、求人情報を自分で集めて、未経験可の求人案件をピックアップしました。調剤薬局が第一希望でしたが、自宅近くでよいところがみつからず、時給のいいドラッグストアに勤めることになりました。

再就職先が見つかったのは良かったのですが、実際にドラッグストアで働いてみると、自分に合っていないと気付きました。薬剤師のスキルを身につけることは出来ましたが、コンビニと同じような環境に馴染むことができませんでした。このまま続けていても、あとあと後悔することになるかも‥という思いもあり、やはり、第一希望だった調剤薬局への転職にチャレンジすることに。

今度は、知り合いから情報を得ていた薬剤師専門の転職サイトを利用してみることにしました。知り合いが言うには、登録はネットから簡単にできるし、専門コンサルタントが担当してくれるから、安心して探せるし求人案件も豊富だということでした。

実際に登録して「なるほど‥」と納得。専門コンサルタントの方は親切丁寧に転職についてアドバイスしてくださいましたし、扱っている求人案件の量も、個人では探しきれるものではありませんでした。

そして、コンサルタントの方の紹介で、ラッキーなことに自宅から車で10分もかからない調剤薬局に転職することができました。職場の雰囲気もよく、何より薬剤師として調剤業務に徹することができるのが一番楽しいですね。