薬剤師がクリニックへ転職する前に知っておきたいこと

クリニックへの薬剤師の転職

クリニックも薬剤師にとって人気の高い職場です。 ただ、すべてのクリニックで薬剤師の需要があるというわけではありません。

というのも、薬剤師がいなくても医師がいれば調剤が可能となっているため、薬剤師のいないクリニックもあるのです。 ただ、患者さんからすれば専門的な知識を持っている薬剤師に調剤を担当してもらいたいと考えていることでしょう。

パートの事務員が薬品のピッキングを行っていることもありますが、そういったクリニックは避けているという方もいます。 クリニックとしての安全性を高めるために薬剤師の積極的に採用しているところもあるようです。

注意しなければならないこととして、小規模なクリニックの場合、病院やドラッグストアに比べると給料の水準が低くなってしまう可能性があります。 薬剤師の資格を取得するのはとても大変なことですよね。 それなのにクリニックで働くなんて…と家族から不満を告げられてしまったという方もいるようです。

もちろん、自分がクリニックで働くことに憧れを持っているということであればクリニックを選択するのも良いでしょう。 病院などに比べると小規模体制での業務となるため、一緒に働いている人とのコミュニケーションも取りやすく、働きやすい職場も多くあります。

また、当直もないため、休日をしっかりとることができるというのも大きな魅力ですよね。 病院で働き始めたものの、体力的な面で長続きさせることができず、クリニックに転職を検討しているという方もいます。

働きやすいか、どれくらいの給料がもらえるかというのはクリニックによって大きく違うため、クリニックであれば絶対に働きやすい、給料が低いというわけではありません。 高収入が期待できる職場もあるため、クリニックで働こうと思っている方はできるだけ評価の高いところを選択しましょう。

自分1人で求人に関する情報をたくさん集めるのは難しいことなので、転職支援サイトの力を借りると良いですね。